~オーストラリアでの「ID見せて」~

オーストラリアではパブに行く時やお酒を買う時に、IDの提示を求められることがあります。現地の免許証を持っていないのであれば、顔写真、名前、生年月日が記載されたphoto cardと呼ばれるIDの取得をよく勧められます(NSWの場合)。
ただ!!!!ワーホリや学生などの一時滞在者にとってphoto card取得時に大変なことがあります。それは「居住の証明」の書類の準備です。
photo card申請のためには2種類の書類が必要です。一つは個人の証明。個人の証明には二つのドキュメントが必要で、二つのうち一つには必ず名前と生年月日の情報が記載されているものでなければなりません(パスポートなど)。もう1つの書類は名前が記載されているものであればOK(銀行のカード、クレジットカードなど)。

そしてもう一つが先に述べた「居住の証明」です!
証明に使えるものとして
・A current certificate of registration, issued by Roads and Maritime
・A licence or registration renewal notice for the coming period, issued by Roads and Maritime
・A contract of sale, lease agreement or rental receipt for your place of residence, up to two years old.
え、何それ….学生やワーホリの方には無縁のものばかり!
ということで結論!
IDが必要な場所に行く時はパスポートを忘れずに持っていき、無くさないように細心の注意を払いましょう!特に飲みに行く時!

12234976_751023438335762_477219949387744245_n

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です