IELTSとCAMBRIDGEどちらが必要?

皆さんこんにちは☆

本日は、何かとご質問が多いIELTSとCAMBRIDGEの違いについて改めてまとめてみました。

◆IELTSテストとは?

オーストラリアのビザや進学に求められる最も一般的な英語力証明。

特にアカデミックはリーディング、ライティングが一般英語とは大きく異なり、進学に特化した英語力を試すテスト。

◆ケンブリッジ英検とは?

イギリス、ケンブリッジ大学により設立された英検。

リアルワールドで使われる英語が学べ、生活の様々なシチュエーションで使われる英語、トピックが取り上げられる。

ヨーロッパで就職したい人だけではなく、旅行、趣味のために英語力をアップさせたい人にも人気。

名称IELTSCAMBRIDGE(FCE)
学校のコース期間4週間〜12ヶ月12週間
学校のコース開始毎週月曜日テスト日程に合わせて開始日が決まっている
取得する目的海外の専門学校や大学に進学したい
ビジネススポンサービザを取得
オーストラリアに移住したい
外資系企業等で就職・転職したい
生涯有効の英語の資格が欲しい
実用的な英語を勉強+英語の証明書が欲しい
テスト項目リスニング
リーディング
ライティング
スピーキング
リスニング
リーディング
ライティング
スピーキング
グラマー
テスト内容の違い試験時間約3時間
スピーキングテストは試験官と1対1
合格/不合格なし
1.0〜9.0のバンドスコアで結果が出る
試験時間約3時間半
スピーキングテストは他の生徒と2人1組、もしくは3人1組で受ける
60点以上で合格
結果が出るまでの期間2週間4〜6週間
有効期限2年間有効期限なし
学生ビザ取得可能取得可能

★IELTSコースは、グラフや表の分析し英語で説明したり、アカデミックな視点で論文を書く練習をすることから、専門学校・大学・大学院進学を考えている方に向いています。
また、永住権やビジネスビザの申請に英語力証明が必要な方にもおススメです。


★ケンブリッジ英検コースは、コミュニケーション力を伸ばしたい、日常利用する英語を学びたい、仕事で英語を使いたい、という方に向いています。日本でも認知度が高まり人気が出てきています。

何か気になる点がある方、もっと詳しく知りたい方は、こちらからお気軽にお問い合わせください♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です