ワーホリビザ申請時に残高証明書が必要になりました

2019年4月よりオーストラリアのワーキングホリデービザ申請時に、★銀行の残高証明書(英文)★パスポートコピーの添付が必要になりました。

これまでも十分な資金を保持していることという条件はありましたが、実際に書類を提出する必要はありませんでしたが、今回の変更で提出が必須となりました。

銀行の残高証明書については、オーストラリア滞在時に賄える資金として約5,000豪ドルと、帰国時の航空券を購入できるだけの十分な資金とを合わせた約50万円(※2019年5月現在のレート)が目安となります。ただし、明確に金額が提示されておりませんので、余裕をもった金額を証明することがおすすめです。

【①ワーホリビザ申請時に必要なもの】

★銀行の残高証明書(英文)

★パスポートコピー

【②銀行の残高証明書(英文)の取得方法】

残高証明書の取得は、口座名義本人にて銀行窓口で取得することができます。発行手数料として500円~1,000円ほど、発行日数は翌日~約1週間かかることもありますので、期間に余裕を持って準備しておくことがおススメです。金額の表記は日本円でも豪ドルでもOK。
尚、特に記載はございませんが、ビザ申請日に近い最新の情報を提出する方が望ましいです。

<手続き時に必要となるもの>

  • 通帳またはキャッシュカード
  • 銀行印
  • 本人確認書類

※こちらは銀行によって異なることがありますので、事前に銀行へお問い合わせください。

その他、ビザや留学についてご不明な点がありましたら、 お気軽にこちらからお問い合わせくださいませ♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です